RAW撮りしていると、風景を撮影した時「もうちょっと青空が綺麗に写らないかなぁ」と思うこと、結構あります。

これを段階フィルターで青空だけ青く綺麗に編集することがLightroomだと簡単にできます。

段階フィルターはヒストグラムの下に並んでいる修正ツールのうち、CPUみたいな四角いやつ。クリックして、Shiftキーを押しながらマウスで写真の1/3ぐらい上部から真ん中へ垂直にドラッグします。

中心部の「○」をクリックすると、設置した段階フィルターがどれぐらいの濃度でかかるか、マスク表示されます。これから調整していくパラメータが、段階フィルターで設置した領域だけに反映され、濃度が濃い部分ほど多く変更されます。今回のように空の部分だけに段階フィルターを設置することで、写真下半分の景色は影響を受けません。

まず色温度を左方向にスライドし、より青くします。

さらにコントラストを強めにかけて、色とコントラストをはっきりさせます。

彩度も強めにかけて鮮やかにします。

仕上げにハイライトを落として、さらに色味を強くします。

狙う時はもっと強烈にパラメータを変更して、強い青味のある青空にすることもありますが、普通の風景写真なら、この程度で十分だと思います。やりすぎかなと思うぐらい強烈にかけるのは逆光の夕陽空なんかで調整したりします。

風景写真は水平線、地平線で上下に分割できることが多いので、段階フィルターを使って部分補正するには向いている写真です。

スポンサーリンク